スポンサーサイト

カテゴリー:スポンサー広告記事編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
│posted at --:--:--│
2006年01月30日(Mon)

今の気持ち

カテゴリー:りゆと音楽記事編集

またドリンクバー飲んで友達とくっちゃべってたら具合悪くしましたぁ~~~~~(◯□◯*)うげーっ。
ただでさえ風邪ひいたらやばいのに、気をゆるめたらすぐウイルスにやられそう!!!!!!
健康管理ばっちしにしなきゃ!!

大きなステージまであと少し。
もう、なんともいえない気持ち(◯´д`)
みんなの心に残る演奏がしたいと思うけど、一歩間違えるとそれは『みんなにちやほやされたい演奏』になってしまうんだ。
欲やプライドがそうさせるんだ。
そうゆうのを捨てさって、音楽のよろこび、曲に対する想いを純粋に音にのせたとき、まっすぐに音は届くんだと思う。

一度わたしは、みんなにすごいって思われたくて、とんでもない演奏したことがあった。
自分の伝えたいこと全然伝えられなかったんだ。
その経験があってなおさら、音を伝えるということについてすごく考えるようになった。

私に今特別なものは、いらないかな(≧v≦)
何もかも捨てさって、ピアノが弾けるよろこびを心の底から実感して今、また自分なりに一生懸命音楽と向き合ってる。
その一生懸命な気持ちだけあれば充分かもしれない。
私のすべてを音に託そう。
音楽を感じて、楽しんで、原点にかえって演奏しよう。

とかなんとか真面目に綴ってますが今すごく緊張して死にそうです!!!!(◯□◯*)
心臓がバクバクいって練習中ももう腕が緊張しっぱなしっ…………

でももうそんなこと言ってらんないっ!!!!

自信をもって、前向きに、強気で向かってかなきゃ!!(o゜∀゜)o
ひたすら練習あるのみ!!!!(○´▽`○)ノ
もう本番近くだし、うじうじしてらんないよ、前に進まなきゃ。
スポンサーサイト
 
│posted at 21:12:15│ コメント 2件トラックバック 0件
■この記事へのコメント
≫haru
URL│posted at 2006-01-30(Mon)23:32│編集
難しいですよね・・・僕のような打楽器の場合は「魅せる音楽」と「聴かせる音楽」この両立がとっても大切だと思うんです。

二つを天秤にかけて少しでもどっちかに傾いてしまう演奏は駄目。。。ちょうど真ん中の演奏をする事で初めてお客さんは「感動」を味わえると思うんです。

聴きに来ているお客さんは音楽家ばかりではないと思うし、ましてや打楽器の音色が分かる人って本当に少ないと思いますl。

だけどそういう人たちにも簡単に判りやすく伝えるのが「魅せる」っていう方法なんですよね・・・


あ~!!僕も演奏会が迫ってきてる~~!ドラムソロ考えないといけないしコンチェルトもやらなきゃいけないし・・・(汗)

お互い頑張りましょうね☆
≫りゆ
URL│posted at 2006-01-31(Tue)13:29│編集
haruくんの文章に激しく同意しちゃった!

人間って視覚情報が7割、聴覚情報が3割だから、コンサートとかを聴きにきてくれるお客さんが音だけを終始純粋に聴くのかっていったらそうじゃないと思うし、そんなことするお客さんもいないと思うし。笑

だから魅せるっていうのも重要だし、でも私達が届けるのは音であって、バランスが・・・ぅぅううう(泣)

私は魅せるっていうのがあまり得意じゃなくてひたすら職人のように音を磨いてる人間だから(笑)

ドラムソロ!?コンチェルト!?興味ある~~~っ♪
頑張ってね!!!
■この記事にコメントを書く。




 削除や編集のときに必要です。
管理者にだけ表示を許可します。
■この記事へのトラックバック
■この記事へのトラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。