スポンサーサイト

カテゴリー:スポンサー広告記事編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
│posted at --:--:--│
2006年01月18日(Wed)

にやにや、にやにや・・・

カテゴリー:りゆと音楽記事編集

今日は久しぶり?に感じたレッスンでした♪
私の進路が大分落ち着いて、おだやかにむかえたレッスンでした。

私は終始、にやにや、にやにや。
まじめな顔でやろうと思っても笑顔がおさまりませんでした☆
多分、ほんとにピアノを弾くのが楽しかったんだと思いますけども。

無心でピアノに向かってると、全然意識してるわけでもないのに、
「本当に幸せそうに弾いてるね」とか
「りゆは本当にピアノが好きなんだね!」
って驚いた表情で言われたり、嬉しそうにいわれたりしょっちゅうします。
私もそういわれるたびに「え?そう見える!?」って思ってたけど、
そうゆうのを自分で感じとった日でした。

今までずっと出せなかった音がスッと出せるようになったりもしました!
気持ちを1つ1つの音にこめて1つ1つその瞬間を精一杯生きる音を出すことが大事なんだね。
今まで、充分集中して音を出してるつもりだったけど、いろんな迷いや苦しみ、不安にかられて、心ここにあらずな演奏をしてたんだな~って今日あらためて思ったよ。
だってほんとに音が全然違ったんだもん。
先生にはずっと「ここんとこの演奏全然心入ってないよ」って言われても「え?そーかな?」って感じだったし(笑)




私は高3のはじめ、天狗の鼻をへし折られました!!(笑)
たっかぁーーーいプライドを傷つけられたってなもんです。
過去の日記を見てた方はもしかしたら分かるかもしれないけど、私の演奏を批判され、理想だけが高いって言われて自分の音楽が恥ずかしくなったのね。
そこでずとーーーーんと落ちて、もう一回まっさらな気持ちで音楽と向き合おうって思ってまたスタートをきったつもりなんだけどまた批判されて、私が一小節弾くだけで批判されて、自分の演奏が信じられなくなって、
ステージでの失敗、
ピアノ弾きたくない病、
褒められてることが信じられない病
様々な症状があらわれました。

そうやって音楽と素直に向き合えなくなって、また変なプライドや欲や傲慢な態度、屁理屈なわがままが顔をだしはじめた!!
でもそれに気づいて、全部そうゆうのできるだけ捨て去ってみたらなんかすごくからっぽだった。
自分がそうゆうのに塗り固められてたんだな~と思ったらばかばかしく思えたし、すごくすっきりした☆

そして進路変えて、そこでもまたどうにもならない問題がおきて、そこではじめて全部捨てきれた。
「ピアノが弾きたい。どんなところであっても弾けたら幸せ。」
自分のしたいことだけが見えた。
自分が傲慢な態度で流れに反発するたびに天狗の鼻はへしおられ、でもそれに気づいて、
自分にふいてるあたたかな風を感じとって、「私ができること、したいこと」だけと向き合ったらピアノとこうやってきちんと向き合えるようになりました。

よかったよかった☆
見栄っ張りで意地っ張りなりゆだから、またにょきにょき鼻のびてくるかもしれないけど、今の気持ち忘れないで、タイセツにして頑張っていくよ♪

スポンサーサイト
 
│posted at 20:22:55│ コメント 2件トラックバック 0件
■この記事へのコメント
≫フレデリック
URL│posted at 2006-01-18(Wed)21:52│編集
俺も同じような経験をしました。スランプでした。どんどん高くなる自分の理想に自身が追い付いていかなかったんです。その他にも理由はあったんですが、りゆさんと同じ症状がでました。批判こそされなかったけども、逆にそういうとき誉められるとむかつきました。罰あたりなことに全然嬉しく思わなかったし、お世辞はいいよ!とかってひねくれてました。先生に相談したら先生自身も経験したことがあるって言ってました。たぶん音楽してる人は必ず通る道なんじゃないでしょうか。きっと音楽に魅了された人は皆なにかしら壁にあたるんだと思います。でもその先にあるのって案外初心だったりするんですよね。初めて音楽の楽しさに触れた時の気持ちに回帰するような感じ。往年のホロビッツはすごいニコニコしてピアノを弾いていました。今のりゆさんもそんな感じなのかな?お互い足を止めないよう頑張っていきましょう。俺はまだまだ壁にあたり足りないです。壁バッチ来ーい(壊)
≫りゆ
URL│posted at 2006-01-19(Thu)15:54│編集
やっぱりみんなそうゆう経験があるのですね☆!
私は去年ベートーヴェンの告別ソナタをテストで弾いたときにその症状になって、終わったあとは泣きじゃくって誰の話も聞きたくない!って感じだったんですけど先生が「自分の求めてるものが、私たちがあんたに求めてるものよりもずっと高いからそうゆうふうになるんだよ。意識が高くなってる証拠。これからあんたはのびるよ~」って言ってくださって、それで救われました♪
ホロヴィッツはもうホントに幸せそうにピアノを弾いてますよね。音楽のよろこびをひしひしと感じます♪
壁はつらい。どうして苦しい思いしてるのかな。って高2の時ずっと思ってましたが、乗り越えた先のよろこびを知ったらもう壁ばっちこーーーーい!ですよね!!!笑
フレデリックさんは今どんな曲を練習されてるんですか?今度教えてください♪
お互い頑張っていきましょうね!!
■この記事にコメントを書く。




 削除や編集のときに必要です。
管理者にだけ表示を許可します。
■この記事へのトラックバック
■この記事へのトラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。